2024年に注目される海外ファッションを通じて、自分だけのスタイルを見つけるためのヒントを提供します。

【いつかは欲しいオーデマ ピゲ】|3月リリースの新作“ロイヤル オーク”は豪華なダイヤベゼル仕様!

オーデマピゲ偽物では3月リリースの新作モデルとして、“ロイヤル オーク オートマティック”の34mmと37mm、“ロイヤル オーク クロノグラフ”の38mmをそれぞれ発表した。18金ホワイトゴールド製のケースに新色のスモークブルートーンのグランドタペストリーダイアルを合わせており、ベゼルにはバゲットカットダイヤモンドをあしらって豪華に仕上げられたモデルだ。

PVD加工による表情豊かなブルーのダイアルと、回転させながらカラーワニスを吹き付けることで得られるスモーク効果が、深みのあるトーンを生み出している。いすれもベゼルに32個、ダイヤルに12個のバゲットカットダイヤモンドをセッティングしており、ロイヤルオークの幾何学的なケースデザインを美しく彩り、光の反射をよりいっそう引き立てている。

オーデマピゲ ロイヤル オークオフショアクロノグラフオートマティック 37mm 26231ST.ZZ.D027CA.01

モデル名 : ロイヤル オークオフショアクロノグラフオートマティック 37mm
Ref. : 26231ST.ZZ.D027CA.01
ムーブメント : 自動巻キャリバー 2385
パワーリザーブ40時間
ケース素材 : ケース:ステンレススティール
ベゼル:ステンレススティール、32個のブリリアントカットダイヤモンド(1.02ct)
ストラップ:ブルーラバーストラップ
文字盤 : 「レディタペストリー」模様のブルーカラー
ケース径 : 37mm × 12.4mm

オートマティック 34mmは自動巻きキャリバー5800を搭載し、パワーリザーブは50時間。同じく37mmは、駆動時間60時間の自動巻きキャリバー5900を搭載。どちらのムーヴメントもサンドブラスト、サテン仕上げ、ポリッシュ仕上げの面取りを施した22金ピンクゴールド製のローターを搭載しており、サファイアのケースバックからその美しさを鑑賞することが可能だ。クロノグラフは自動巻きキャリバー2385を搭載しており、装着していない状態での駆動時間は約40時間。18金ホワイトゴールドのソリッドケースバックが採用されている。

いずれのモデルも、2022年にロイヤル オーク50周年記念モデルとして導入された最新の人間工学的デザインを採用。上面と下面の両方で斜面がより広がっており、サテン仕上げとポリッシュ仕上げによる光のコントラストを強調し、スレンダーなフォルムを実現している。ブレスレットも薄くすることでテーパーを強調し視覚的な美しさを高めており、ダイヤモンドの輝きと相まってリッチな印象を与える。

One thought on “【いつかは欲しいオーデマ ピゲ】|3月リリースの新作“ロイヤル オーク”は豪華なダイヤベゼル仕様!

セレブが愛する2024年の新作時計コレクション
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
タグ