2024年に注目される海外ファッションを通じて、自分だけのスタイルを見つけるためのヒントを提供します。

カルティエ「タンク フランセーズ」が初のモデルチェンジ!──正しくエレガントで、程よくスポーティな新型は5万9000円から!

カルティエは「タンク フランセーズ」をモデルチェンジした。価格は5万9000円〜。

★カルティエ★時計★スーパーコピータンク フランセーズ ウォッチW51028Q3

ルイ・フランソワ・カルティエが1847年、パリに開いたアトリエからその歴史が始まった「カルティエ」。
「宝石商の王であるがゆえに王の宝石商」とまで言わしめる名門ブランドとしていまなお最高峰ブランドに君臨し続けるフランスのラグジュアリーブランドです。
カルティエ躍進に貢献したのは、3代目当主であるルイによるもの。
アール・デコ様式のジュエリーやファッション性の高い時計を作り上げ、カルティエの名声を高めました。
世界の恋人たちの「永遠の愛」を結ぶ指輪として有名な「カルティエラブリング」も見逃せません!

カルティエらしい、エレガンス&スポーティ
カルティエは一体型ブレスレットをもつ「タンク フランセーズ」の最新モデルを発表した。

ラインナップは、スモールとミディアムのイエローゴールド、スモール(ダイヤモンドあり・なし)、ミディアム、ラージのSSケースの全7種類。SS製のラージケースは自動巻きムーブメントを、スモール、ミディアムにはすべてクォーツムーブメントを採用する。

1917年デザイン、19年11月15日発売と、100年以上の歴史をもつカルティエの「タンク」。その中で、コレクションとして初めて一体型ブレスレットをまとって96年に登場したのが、“フランスの”という意味をもつ「タンク フランセーズ」だった。

長年にわたって親しまれてきた大ヒットモデルなだけに、初のフルモデルチェンジは基本的にステイコンセプト。しかし、丸みを帯びたケースとブレスレットがシームレスにつながり、リューズはケースに一部が組み込まれるなど、全体的に一体感が強調された。

カルティエは新しいブレスレットに関して、「完璧にしなやかなブレスレットは、リンクの整った並びによって一体化した動きが可能」と評している。実機を触っていないため断言はできないが、近年の「サントス ドゥ カルティエ」のしなやかさと剛性感を併せもつブレスレットを思えば、これは大袈裟な表現ではないだろう。

既存モデル以上にサテン仕上げを多用した外装に対して、文字盤もサンレイ仕上げに改めたことも一体感の強調にひと役買っている。サンレイ仕上げは厚く盛られたインデックスとの相性も良く、強いコントラストが高い視認性を確保している。

と、モデルチェンジにあたっての変更点を述べはしたが、シンプルでマスキュリンにもフェミニンにも見える造形は不変である。一体型ブレスレットウォッチ全盛の今、良質なブレスレットをもつ時計は少なくない。しかし、その多くはスポーティなモデルばかりだ。そんな中でドレッシーなキャラクターの「タンク フランセーズ」が、そのキャラクターを維持しながら刷新されたことは、多くの時計愛好家にとって福音と言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

セレブが愛する2024年の新作時計コレクション
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
タグ